美味しく楽しくオススメ炭酸水ナビゲーション完全版 » 炭酸水オタクが伝授! 炭酸水をめいっぱい楽しむための知識 » 自分にあった炭酸水選びのコツ

自分にあった炭酸水選びのコツ

ここでは、自分の好みに合った上手な炭酸水の見極めポイントや美味しい炭酸水の選び方のコツなどを紹介しています。

美味しい炭酸水の選び方を教えます!

最近、さまざまな炭酸水を見かけるようになりましたが、甘味料や香料が入ってないだけでどれも一緒!と思っていませんか。

実は炭酸水にも、いくつか種類があるので覚えておくと便利!選び方の基準として、炭酸水の種類や炭酸の強さの特徴による違いをまとめてみました。

これらの項目は、お気に入りの炭酸水を見極めるポイントにもなるので、ぜひチェックして見てくださいね。

その1. 炭酸水の種類

炭酸水もミネラルウォーター同様、使用されている原水と炭酸の相性によって味わいが大きく異なるので、それぞれの特徴を比べてみましょう。

  • 硬水(硬度301以上のもの)・・・
    ミネラル成分が豊富に含有しているので、ダイエットやスポーツ後に飲むのに適しています。硬水単体だと独特の味わいがありますが、炭酸を加えることによりマイルドでとても飲みやすくなります。
  • 軟水(硬度100までのもの)・・・
    日本の水は軟水なので、日本人にとって飲みやすく感じる人が多く、料理や美容などオールマイティに使用することが出来ます。天然水を用いた炭酸水がこのタイプです。
  • 純水(硬度0)・・・
    不純物を全く含まない「ろ過」された水で、最近日本で販売されている炭酸水で多く見られるタイプです。クセがなく飲みやすく、炭酸ガスもなじみやすいので、のどごしを楽しむ強めの炭酸水に用いられています。

その2. 炭酸の強さ

炭酸ガスの発泡力は、飲む人の感じ方によって個人差がありますが、炭酸の強弱は炭酸ガスの含有量によって分類されています。

充填されている炭酸指数を明らかにしている銘柄もあるので、参考にして欲しいと思います。

  • 強炭酸・・・
    目安として、炭酸指数4~4.5ボリューム充填しているもので、刺激的なのど越しが特徴です。時間が経過しても炭酸が抜けにくいので、最後まで美味しく飲めるものが多いです。
  • 微炭酸・・・
    炭酸指数1~3ボリュームのタイプで、何かで割るというよりはそのまま飲んで楽しむタイプの炭酸水です。

その3. 舌触りのよさ

天然水を用いたものは、そのまま飲んでもまろやかで旨みのある味わいのものが多いので、飲みやすくてオススメです。

硬水ほどではありませんが、ミネラルも適度に入っているので、料理と合わせて楽しみたい人や健康志向の人にはピッタリだと思います。

選び方のワンポイントアドバイス

炭酸水は実際に色々と飲んでみることが大切!開封してからしばらく時間が経ってからも美味しく飲めるものを選ぶようにすると、飽きずに続けられると思います。

実際に試飲して見るときは、ぜひペットボトルを開けて1時間後ほど経過してからの味もチェックしてみるようにして見てくださいね。

  • 炭酸水マニアが選んだオススメ炭酸水
  • 美味しさで選ぶ
  • お酒にあう炭酸水
  • 炭酸の強さで選ぶ
  • 価格で選ぶ